革財布のお手入れ|おすすめのやり方

革の財布は長く使える上に使っていると革が馴染んできていいですよね。

革財布は使っていると味が出てきますし、長く使っているとその分だけ味と愛着が出てくるのが人気の理由だと思います。

そんな革財布をいい質感でより長く使っていくために必要なのが日頃の手入れです。

日頃といっても毎日手入れをする必要はなく、月に一回程度で十分なのでそれほど大変ではありません。

しかし、実際に手入れをしたことはない人や、どうやって手入れをしたらいいのかわからない人がほとんどだと思います。

そこで、革財布に必要な手入れの仕方や、用意するものをご紹介します。

紹介する手入れは、普段の手入れ、濡れてしまった時の手入れ、シミができてしまった時の手入れ、をご紹介します。

その前に、革財布を手入れする理由やその必要性について軽く説明します。

革財布を手入れする理由

まず、革財布は長く使えるというイメージが広く持たれていますが、それは丁寧に扱った場合のみです。

例えば、革は水に弱いのですが、濡れたまま放置したりすればシミになりますし、ひび割れの原因にもなってしまい、これ以上使えない状態になってしまう可能性も大いにあります。

つまり、日々のケアを怠らなければ革財布は長く使えるものですが、逆に日々のケアを怠ってしまうと、劣化が早い製品とも言えます。

そのため、革財布を長く使うために日々の手入れは欠かせないのです。

そして、革財布は特に日常的に使用頻度が高いので、そのエイジングを楽しめるのも魅力の一つです。

「革を育てる」という言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、しっかりと手入れすることで、劣化するのではなく味として革に表れてきます。

しっかりとした知識をつけて革の手入れをすることで、味のある革財布と付き合っていくことができ、より長く使いたくなるに違いありません。

革財布の一般的な手入れのオススメ方法

手入れをする前に用意するもの

  1. 革専用の保湿クリーム

    保湿クリームに関しては画像のような革専用のクリームが売っているので、こちらを用意してください。
    もし、用意できない場合はハンドクリームなどでも代用は可能です。
  2. 乾いた布2枚
    乾いた布はメガネグラスのような柔らかい物が理想的です。
    1枚は乾拭き用で、もう1枚はクリームを塗るために使うので、大きいものであれば1枚でも構いません。
  3. ブラシ

    ブラシはできれば革製品の手入れ用に馬毛のブラシを用意していただきたいですが、用意できなければ、無くても構いません。

手入れの手順

乾いた布とブラシで表面を軽く拭く

まず、財布の表面を乾いた布で軽く拭いたあとに、ブラシを軽くかけてください。

これは、革の表面は細かな凹凸や毛穴が存在しているので、そこに溜まっている表面の埃や汚れを取るために行います。

そういった隙間にある埃や汚れはシミやカビの原因となることがあるので、乾拭きは毎日おこなうとそれだけ革が綺麗に保たれますし、ツヤもでるのでオススメです。

ブラシでないと取れない隙間の汚れなどもあるのでブラシ掛けも同時に行うと良いです。

また、クリームを塗る前に乾拭き等を行わないと、その埃を一緒にクリームで塗り込むことになるので、クリームを塗る前は必ず行うようにしてください。

しかし、ここで注意して欲しいのが、何かをこぼしてできたシミや汚れは乾拭きだけでは取れないので、この段階で強い力でゴシゴシしないようにしてください。

強い力で拭いてしまうと、革を傷つけたりひび割れの原因となってしまいます。

シミなどの汚れの取り方は後ほどご紹介します。

乾いた布でクリームを均一に塗る

乾いた布を使って保湿クリームを革の部分全体に薄く均一に塗ってください。

ここでも注意が必要なのが、クリームを塗りすぎないことです。

初心者の方にありがちなのが、このクリームの使用量を誤って多く塗ってしまうことです。

保湿クリームを多く塗ってしまうとムラができやすいですし、それだけでシミの原因にもなります。

あくまで、表面に膜を張る程度にクリームを薄く均一に塗りましょう。

最初は失敗しないようにクリームを少量取って伸ばしていき、足りなければ付け足すことを何度も繰り返すことをお勧めします。

乾拭きで余分なクリームを拭き取り、ブラシ掛け

もう1枚の乾いた布で、さっきクリームを塗った革の部分を軽く拭きます。

クリームを塗りすぎていた部分を拭き取ることと、ここでさらにクリームを薄く均一に広げていきます。

ベタベタしていると普段触りにくいので、手触りが良くなるまで拭き取って大丈夫です。

乾拭きが終わったらブラシ掛けをして、隙間に溜まったクリームを取り除きます。

特に、革とファスナーの間や、縫い目の部分はクリームが溜まりやすいので気をつけてブラシ掛けをします。

以上が一般的な革財布の手入れの手順です。

前にも述べたように、保湿クリームをハンドクリームで代用したり、ブラシが用意できない場合はその工程を飛ばしておこなってもらって結構です。

しかし、ブラシの工程を飛ばす場合は隙間に溜まったクリームが残ってしまったりするので、クリームを塗る時からそういった場所を避けて塗るように気をつけるなど、工夫が必要です。

革財布が濡れた時の手入れ

革は水に弱いので、普段から気を使って水のかからないような管理が大切ですが、急な雨などでどうしても濡れてしまうこともあると思います。

そんな時、正しい手順で手入れをすることでシミになるのを防ぐことができます。

革財布が濡れた時に用意するもの

用意するものは日頃の手入れとほぼ同じです。

  1. 保湿クリーム
  2. 乾いた布1枚、濡れた布1枚
  3. ブラシ

革財布が濡れた時の手入れの手順

乾いた布などで水分を拭き取る

まず、濡れてしまった部分の水分を乾いた布などで拭き取ります。

このとき、こするように拭くと革を痛めてしますので軽く叩くようにして、水分を拭き取ることがポイントです。

このとき、すでに濡れてから時間が経っていてシミになってしまっていたら、シミを取るための手入れが必要です。

そちらは後ほどご紹介します。

自然乾燥させる

水分をしっかりと拭き取った後、自然乾燥させます。

大切なのは、日陰で風通りの良い場所に置いて自然乾燥させることです。

注意して欲しいのが、決して直射日光の当たる場所に置くことや、ドライヤーなどで乾かしてはいけません。

もともと、革がシミになる原因は、濡れることで革の内部の水分と油分のバランスに濡れていない場所との違いができてしまうことです。

つまり、直射日光やドライヤーで急速に乾燥させてしまうと、そのバランスを崩してしまい、シミの原因になってしまいます。

また、革は熱にも弱いのでドライヤーの熱で変形したりしてしまう可能性もあります。

焦って大切な財布をダメにしてしまわないように、しっかりと日陰で風通りの良い場所で自然乾燥させてください。

保湿クリームを使って日頃の手入れをする

ここからは、前にも述べた日頃の手入れをしていきます。

濡れた財布を自然乾燥させたあとしっかりと保湿クリームを塗ることで、崩れてしまった水分と油分のバランスを整えます。

日頃の手入れは革を上質に保つ目的で行うものなので、多少手入れをしない期間があったとしても問題はありませんが、濡れた後の手入れは一度崩れてしまった革の質をもう一度引き上げるために行うものなので、とても大切です。

大切な革財布を長く使うためには、怠らずに必ず行なってください。

シミができてしまった時の手入れ

濡れた状態でしばらく時間が経ってしまった時など、革財布にシミができてしまうことがあります。

しかし、しっかりと手入れをすればシミを消したり、気づかないほど目立たなくすることができます。

そして、手入れの手順も普段の手入れなどとそれほど大きくは変わりません。

特別、用意する物も一切ないので簡単にできます。

シミができてしまった時に用意するもの

革財布が濡れた時に用意するものと同じです。

  1. 保湿クリーム
  2. 乾いた布1枚、濡れた布1枚
  3. ブラシ

シミができてしまった時の手入れの手順

乾いた布で水分を拭き取る

先ほどの濡れてしまった時と同様に、革の濡れている部分を乾いた布で拭き取ります。

こすらずに軽く叩くようなイメージで優しく水分を取りましょう。

しっかりと絞った濡れた布でシミの周りを湿らす

しっかりと絞った濡れた布でシミのできた部分とその周りを軽く叩くようにして、少し湿らせてください。

そのあと、財布全体を濡れた布で軽く拭きます。

なぜさっき水分を拭き取ったばかりなのにもう一度湿らすのかと疑問に思うかもしれませんが、シミのできる原因を考えてください。

先ほども述べたように、革の内部の水分と油分のバランスが崩れてしまっている部分がシミとなってしまいます。

そのため、そのシミの部分だけを手入れするのではなく、革財布全体を均一にするために全体の手入れをする必要があるのです。

そこで、全体の水分のバランスを整えるために、もう一度全体を濡れた布で拭きます。

自然乾燥させる

濡れてしまった時と同様に、日陰で風通りの良い場所に置いて自然乾燥させてください。

注意点は直射日光とドライヤーでの乾燥を避けることです。

ここからは今までと同様に手入れをしていきます。

保湿クリームを使って日頃の手入れをする

ここまでで、革財布全体の水分を均一にしてきているので、保湿クリームを使って革内部の油分も均一になるよう、保湿クリームを乾いた布で薄くのばして手入れをします。

これで財布全体の革内部の水分と油分のバランスが整えられるので、シミになっていたところが目立たなくなります。

まとめ

今回は革財布を長く使うために必要な簡単なお手入れの方法をご紹介しました。

日頃の手入れは、革の状態を保つために月に1度ほどの頻度で行なってください。

濡れた時の手入れは、シミをつくらないために濡れてしまったらすぐに行うことが大切です。

シミになってしまった時の手入れは、シミの部分だけでなく財布全体の革の状態を均一にすることで目立たなくできるので、全体を手入れすることがポイントです。

大切な革財布の状況に合わせて適切な手入れを行うことで、革財布を良い状態で保つことができます。

長く使い、味のある自分だけの革財布を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました