ランドセルのお手入れ|おすすめの方法

小学生に入学すると同時に購入するランドセルは、6年間使うことが確定しているので大切に扱って、途中で買い換えるなんてことはできるだけ無いようにしたいですよね。

今日では様々なカラーバリエーションでランドセル選びも幅が広がっていますが、色以外にもランドセルを選ぶ時に選択肢として別れるのが革の種類だと思います。

ランドセルに使われている革は大きく分けて3種類あります。

その3種類とは、人工皮革、牛革、コードバン(馬のお尻の皮)の3つです。

これらの革にはそれぞれ特徴があり、扱いや手入れの仕方なども変わってきます。

6年間使えることを想定して製造されているので、多くの場合はしっかりと6年間使えると思いますが、革の種類によっては手入れをしないと長持ちしないものもあります。

今回は、そんなランドセルを大切に6年間使うために、それぞれの種類に適した手入れの方法をご紹介します。

ただ、ランドセルは日頃から定期的にクリームを塗ったりするほどの手入れは必要ではないので、それぞれの種類の革が濡れてしまった時の手入れ方法をご紹介します。

まだランドセルの購入前の方も、ランドセルを使用していく上でどのような手入れが必要なのかを確認した上で、ランドセル選びの参考にしていただければと思います。

人工皮革の手入れのおすすめの方法

ここから人工皮革のランドセルの手入れのおすすめ方法をご紹介します。

といいつつ、人工皮革のランドセルは現代の技術進歩によって、耐久性、耐水性ともにすぐれており、牛革やコードバンと違ってシミ対策などのような革のための手入れはそれほど必要ありません。

そのかわり、使っていると味が出てきたりするわけではないので、壊れて使えなくなってしまわない為の手入れをします。

人工皮革が濡れてしまったときの手入れの手順

次に、人工皮革のランドセルが濡れてしまった時の手入れの手順をご紹介します。

濡れた部分を拭き取る

まず、ランドセルの濡れてしまった部分を拭き取ってください。

ランドセルは防水加工されているので、革の中まで濡れることはそれほど頻繁にはないと思いますが、ひどく浸みている場合はタオルで叩くようにして水分をとります。

自然乾燥させる

ランドセルを日陰で風通りの良い場所に置いて自然乾燥させます。

直射日光を浴びて乾燥させすぎてしまうとひび割れの原因になってしまい、人工皮革のランドセルは使えなくなってしまう危険性があります。

また、ドライヤーの熱も変質や変色の原因になるので、直射日光とドライヤーを使っての乾燥は避けてください。

型崩れが気になる方はこの自然乾燥させている間、ランドセルの中に新聞紙やタオルを詰めておくと良いです。

以上が人工皮革ランドセルの濡れてしまった時の手入れの方法です。

牛革やコードバンとは違って、手入れはとても簡単ですし、昔より人工皮革のランドセルの耐久性は上がっているので、気軽に扱えると思います。

牛革の手入れのおすすめ方法

次に、牛革のランドセルの手入れのおすすめ方法をご紹介します。

耐久性や体への馴染みは人工皮革よりも優れている牛革ですが、天然皮革特有のトラブルを防ぐためにケアをしなければいけません。

濡れてしまった時は特に素早い対応をすることがとても大切です。

牛革が濡れてしまった時の手入れの手順

次に牛革のランドセルが濡れてしまった時の手入れの手順をご紹介します。

濡れた部分を拭き取る

まず、濡れてしまった部分を拭き取ってください。

このとき、中に滲み出るほど濡れてしまっている場合は、内側からもしっかりとタオルで水分を取るようにしてください。

牛革は濡れていた部分がシミになりやすい素材なので、濡れた後にできる限り早く拭き取ることが最も重要です。

自然乾燥させる

日陰で風通りの良い場所にランドセルを置いて自然乾燥させてください。

これは人工皮革のランドセルと同様に、直射日光に当たる場所で乾かしたり、ドライヤーで乾かしたりは絶対にしないでください。

人工皮革以上に熱に弱いので、変質や変形の原因となってしまいます。

クリームで保湿をする

乾いたら、革専用のクリームを全体に薄く塗り広げて革に油分を供給しましょう。

最近の牛革のランドセルは、表面にしっかりと防水加工が施されており、それほど神経質に手入れをする必要がなくなってきてはいます。

しかし、牛革である以上人工皮革よりは、革のトラブルが起きる可能性が高いということなので、気なる方はしっかりとクリームを使って手入れしてください。

クリームを塗ったらもう一度日陰干しをします。

以上が牛革のランドセルが濡れてしまった時の手入れの手順です。

また、ランドセルを保護するビニールカバーなどもありますが、カバーを使用する場合は1週間に1度ほどカバーを外して空気に触れさせてください。

湿気がこもって、カビなどの原因になってしまいます。

最近のランドセルは技術の進歩により、天然皮革でも水に強く、とても扱いやすくなっています。

そのため、手入れはとても簡単にできますが、だからといって手入れを一切しなければ革本来の耐久性を無駄にしてしまうことになるので、濡れてしまった時はしっかりとケアをしましょう。

コードバンの手入れのおすすめ方法

次に、コードバンのランドセルの手入れのおすすめ方法をご紹介します。

コードバンは、人工皮革や牛革と比べて最も耐久性に優れた素材です。

その分、値段も高価になりますが、使っていると革の表面に味が出るのはもちろん、体に馴染んでくるのでとても使いやすくなります。

そんなコードバンの革のよい点を生かし、質感の良い状態で使用するために、ぜひ行ってほしい手入れをご紹介します。

コードバンが濡れてしまった時の手入れの手順

ここから、コードバンのランドセルが濡れてしまった時の手入れの手順をご紹介します。

コードバンは、耐久性に関しては他のどの素材よりも高く防水加工を施されているものも存在しますが、そのような加工がされていない場合、濡れてしまった時に手入れをしなければ革のトラブルを引き起こすことがあります。

そのため、濡れてしまった時の手入れは特に気を使ってください。

濡れてしまった部分を素早く拭き取る

まず、ランドセルの濡れている部分を拭き取ります。

この時、濡れた状態で長時間放置してしまうとシミになってしまいます。

そのため、濡れてしまった時にできる限り素早く水分を拭き取ることが大切です。

また、この時シミになっていなければそのまま次の工程に進んでいただいて構いませんが、もしシミになってしまった場合、シミを目立たなくさせるための手入れをします。

まず、シミの部分とシミの周りを少し濡れた布で軽く叩くようにして濡らしてください。

それが終わったら、ランドセル全体も軽く濡らして次の工程に移ってください。

自然乾燥させる

日陰で風通りの良い場所に置いて、自然乾燥させてください。

この時、牛革のランドセルと同様に、直射日光に当てることとドライヤーで乾かすことは避けてください。

革は熱にもとても弱いので、ドライヤーの熱などで変質してしまうことがあります。

また、この時型崩れが気になる場合は中にタオルや新聞紙を詰めておくと良いです。

クリームで保湿する

ランドセルが乾いたら、革専用のクリームを薄く塗って保湿します。

濡れることで、革内部の油分が乱れているので、クリームで油分を補給して整えてあげることで、革の質がとてもよくなります。

コードバンの加工がしっかりとされていて、軽く濡れただけの場合はクリームを塗る必要はないこともありますが、シミになっていたりかなり濡れたりした場合は、その後乾燥などでひび割れを起こす可能性があるので、しっかりと行いましょう。

クリームを薄く全体に塗ることができたら、日陰干しをします。

以上がコードバンのランドセルが濡れてしまった時の手入れの手順です。

牛革と同様にビニールカバーなど、湿気を閉じ込めてしまうようなカバーをしている場合は、1週間に1度ほど外して空気に触れさせるようにしてください。

しっかりと手入れをして、革を痛めないように気をつけていれば耐久性はとても高いので長く使えますし、体にも馴染んできてとても愛着の湧くランドセルになります。

まとめ

今回は、ランドセルの種類別の手入れについてご紹介しました。

最近のランドセルは技術がしっかりしており、普段の手入れをしなくても十分長く使えるものになっています。

そこで、雨などに濡れてしまった時の手入れを中心にご紹介しました。

人工皮革は、防水加工がされており水には強いのでそれほど神経質に手入れをする必要はありませんが、濡れてしまったらタオルで拭き取って乾かします。

牛革は、濡れてしまった後素早く拭き取ることと、自然乾燥させるときに直射日光やドライやーの熱を避けることに注意してください。

コードバンは、とても高い耐久性を持っていますが、濡れたあとの手入れを誤ると革を痛めてしまって、ひび割れなどのトラブルを引き起こす可能性があります。

濡れてしまった後はクリームをうまく使って、革のケアを忘れないようにしてください。

様々な種類の材質のランドセルがありますが、それぞれに適した手入れを行うことで6年間使うことができます。

ランドセルを大切に使うために、ぜひ手入れの参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました